フィッシュソーセージ

画像

フィッシュソーセージです。
昔はハムの代わりのインチキとして流行しましたが現在は魚肉ソーセージとして
しっかり地位を確立しています。
この商品も添加物の多いことで有名です。

魚肉(ほっけ・えそ・たら・その他)
その他が気になりますが仕方ないことでしょう。漁獲が常にコンスタントであれば問題ないのですが現在マイワシがいないように、そのとき捕れる魚が一定でないことの所以です。

結着材料(でん粉・植物性たん白(大豆・小麦)・豚ゼラチン)
本来使ってほしくない原料、しかしテクスチャーの問題ありか?大豆、小麦のタンパク、豚ゼラチンは多分過去は牛ゼラチンと考えられる。狂牛病BSE問題で問題の少ない豚に変更と
見られる。これはいろんなところでそうなっている。

豚脂・食塩・砂糖・たまねぎ・しょうゆ・ほたてエキス・かつおエキス・オニオンエキス
これらはおいしくするための原料でしょうがせっかくの魚肉に豚の脂は入れて欲しくない。

醸造酢・調味料(アミノ酸等)・炭酸Ca・骨Ca・香辛料抽出物・香料
Caを何故2種類も入れなければならないか?骨よりは炭酸Caの方がよいのでは!
調味料(アミノ酸等)はMSG(グルタミン酸ナトリウム)と核酸でしょう?

次にコチニール色素
これは昔のソーセージ色を再現するためにピンクを出す目的でしょうが、必要ないと思います。
別に鰯のつみれのようにグレイでも違和感なし!
サボテンの表面に付く虫(カイガラムシ)より赤色色素(コチニール色素)を抽出してまで
色を付けて欲しくないのが本音です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

チワワ
2006年08月11日 11:08
昔、今もあると思うけど子供用のソーセージを息子に食べさせたことがあるの。マンガのヒーローものでした。そのままおやつ感覚で食べれるタイプなので幼稚園児だった息子に与えたら蕁麻疹が出たので、それ以来買っていませんでした。
最近は懐かしくてエビバーガー用フィッシュソーセージをたまに買うけど、よ~く加熱しています。
でも、もにかさんが調べた事実を読むと考えさせられます。安いの裏側は怖いのネ。
monikatonara
2006年08月11日 12:01
蕁麻疹まで出てくると大変ですね。
自然がよいのですが地球自身汚染されていますから大変ですよね。それに食糧難でしょう。
日本なんてお米さえ自給率100%でない。
こんな事やってたら、自らの健康さえ脅かされますね。

この記事へのトラックバック