食パン

画像

食パンですが通常、家庭で作る場合小麦粉(強力粉)とイースト、砂糖、食塩、マーガリン
と水で出来ますよね。

パン屋さんが美味しくするために作るにはこのような様々な原料が添加されます。
家庭で作る場合以外のものを見ますと
卵、乳または乳製品を主原料とする食品、還元水飴、ショートニング、乳化剤、イーストフード
、ビタミンC、酸化防止剤(V.E)着色料(カロチン)、pH調整剤、リン酸Na、糊料(増粘多糖類)、見えないアレルゲンとして大豆

確かに食してみると美味しいし!
酸化防止のためにビタミンCとビタミンEがあること。
酵母の発酵を促すために酵母の生育環境を整える、pH調整剤とか入るのであろう。

美味しい方が良いが最低限必要な原料で食べたい気もする。
私は毎日食パンを食べています。余計に添加物が気になる今日この頃です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

summy
2006年07月30日 09:31
パンはほとんど自家製なんですが・・・ビタミンCとか入れる技術もありませんしね。
シンプル・・ただそれだけ。
イーストだって添加物だし。
言い出したらキリがありません。
大学では化学を専攻したのに、食品添加物などは成分名を見ても全く知らないものがいっぱいです。
近頃流行の自然に、健康に、あんまり懲りすぎず・・・その程度のこだわりが一番かも・・・
monikatonara
2006年07月30日 13:23
自家製が一番良いです。
自分で何を入れたか、はっきりしていますのでね。チョット味が足らなくても納得できます。
化学専攻されても天然系も添加物ですから理解
難しいですよね。
これから食育には本気で考えないと大変なことになりますよ!・・誰かのマネ
monikatonara
2006年07月30日 15:20
菓子パンも同じようです。
葡萄パンとかチーズパンですが干しぶどうが入るかチーズが入るかの違いによって名称がかわる。
今日食べた葡萄パンの原料は小麦粉、牛乳、レーズン、果糖ブドウ糖液糖、加工油脂、卵、イースト、ブドウ糖、植物性たんぱく、食塩、乳化剤、イーストフード、ビタミンC(原材料の一部に大豆)
食パンとほぼ同じですね。
チワワ
2006年08月01日 12:42
暑中お見舞い申し上げます。
関東もようやく梅雨が明けました。でも、拍子抜けする細涼しいですよぉ。この後、どうなるか怖いです。

もにかさん、ブログを始められたのですね。
summyさん、お久しぶりです。ご無沙汰ばかりですみません。<(_ _)>
パンはほとんど自家製なんですね。私も昔は全自動パン焼機で作ったものですが、壊れて以来市販品党ですぅ。
毎朝、パンなので本当は手作りしたところですが、歳ですねぇ。もう気力が起きません。

もにかさんも毎日食パンですか。添加物が気になりますが、安全な食品は高いです。安さの裏には、怖い物が・・・
きっと長生きできないわぁ。^^;
monikatonara
2006年08月01日 19:01
チワワさんようこそ、おいでませ。
そうですか、毎日パンですね。片手新聞読めるし便利ですから食パンなのです。
安全なパンは高くて思ったより美味しくない。
でもね、出来るだけ安心の方がよいです。
値段は安くても添加物少ないものありますよ。

この記事へのトラックバック